地域人材育成研究会

Forum on
Regional Human Resource Development

地域人材育成研究会

Forum on
Regional Human Resource Development

Slider

人口減少社会の地域と教育を人材育成の視点から研究する
域域人材育成研究会では、人口減少が進む今日に地域を活性化させるのはどのような人材なのか、どういった教育が地域を活性化させる人材を育てるのかを研究しています。


わたしたちが考える地域人材とは、若者、ばか者、よそ者の人材であり、かつThink locally, act regionally, leverage globally.ができる人材です。そのために学校が出来ること、しなければいけないことは多いと考えます。 

地域人材として従来、語られてきたのは、若者、ばか者、よそ者でした。人によってこの謎めいた言葉の解釈は異なるのですが、わたしたちは、若者とはエネルギーがあり、古い習慣に囚われない者。ばか者とは地域の見慣れたもの・忘れられたものを地域創生の資源として活用する人、よそ者とは外部から地域を見る視点をもちさらに外部の人との繋がりがある人だと考えています。

Think locally, act regionally, leverage globally.は現地で考え、地域の実情にあわせて行動し、グローバルの仕組みを利活用しようという意味だと考えます。

わたしたちはこのホームページを訪問いただいたみなさまと協働で、若者、ばか者、よそ者の人材、かつThink locally, act regionally, leverage globally.ができる人材を育てることを、研究したいと考えています。

PAGE TOP
MENU